« 忙しいっつうのに | トップページ | Happy Birthday »

2005年11月 7日

作為と無作為

最近というか、こうしてサイトを運営していればよくいわれることなのですが、よく”××の作品を書いてください”とかお願いされることがあります。

お願いされるうちが華だとは思うのですが、はっきりいって重荷に感じるのです。

残念ながらプロではなく、アマチュアで、なおかつ未熟なので自分の意志で作品を書くことはできないのです。
意志でというと誤解されますが、正確にいうと『書く気がないのに話を書く』ってことでしょうか。
ワタシのサイトなので、えらそーなことを言いますが、ワタシの作品は技巧の凝らされたものではなく天衣無縫のようにあるがままにタイプしてたらいつの間にか一つの話ができていたってのが多いのです。
なので、書かないときは、出し惜しみしているのではなく、本当に頭の中に浮かんでこないから書いていないという状態なのです。
お願いされてかけるのならどんなにいいことか。
せっかくリクエストされても書けないし、応えられなくって申し訳ないと思う反面、そういうにがーい気持ちを味あわせられてワタシの創作意欲はますます落ちるばかり。
あげくにはその作品のことが嫌いになってしまいます。


だからお願いです。どうかそっとしておいてください。
ワガママを言いますが、感想をくださるのならワタシの萌えをたぎらせるような感想をください。


乱文にて失礼しました。

« 忙しいっつうのに | トップページ | Happy Birthday »

萌えがたり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93118/6954644

この記事へのトラックバック一覧です: 作為と無作為:

« 忙しいっつうのに | トップページ | Happy Birthday »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

万事屋銀ちゃん

  • 坂田銀時
無料ブログはココログ