« まずマンガありき | トップページ | 教育 »

2006年4月13日

模造品

とある情報がよせられました。

なんと、ワタシの作品の一部が流用されているとな。


ワタシも有名になったものだな、成歩堂。

っていうわけで、早速その作品を見に行きました。

まあ、流用とはいえ、似たようなシチュエーションは幾らでもあるし、寧ろワタシの作品は日常がテーマなのでかぶってしまうのは止むを得ないだろうと思っておりました。


し、か、し。

シチュエーションというよりも、単語、文体、表現方法がどうみてもDNAの親子関係ほどに存在するといっても言い過ぎではないほどのインスパイアぶり。

はー、なんていうかなぁ。

人の文体を流用するってことは、作者の表現方法を越えることができないということにその人は気づいているのでしょうか。
同じシチュエーションでもその人自身の表現であれば別人のように彩られるというのに。


天知る、地知る、己知る。

どうかその意味を考えてもらいたいものです。インスパイアーな人には。

« まずマンガありき | トップページ | 教育 »

萌えがたり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93118/9580240

この記事へのトラックバック一覧です: 模造品:

« まずマンガありき | トップページ | 教育 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

万事屋銀ちゃん

  • 坂田銀時
無料ブログはココログ