« 細すぎる神経 | トップページ | ちょっとだけ語りたい »

2013年6月22日

林先生推し

みなさんは林先生といったら誰を想像しますか?

今でいえば・・・・東進の林修先生が一番早いかもしれませんが、ワタシ的には二人ほど注目している先生がいます。

一人目は、2chでもおなじみの精神科医の林公一先生。
事件コメンテーターとかで犯人の精神分析とかででているのではなく、ガチの精神科の先生です。
Web上で質疑応答をされているのですが、理路整然と病態を分析し、冷静なご回答でも有名です。
読んでいるだけで精神が摩耗してくる感がある文章も多いなか、淡々とした客観的なご意見が鉄の理論ぽくてうっとりとすることも多々あります。
サイトの性質としては公開診察ではないのですが、それでも悩める相談者へびしっと四の五の言わず病院に行けといってくださるステキな先生です。

もう一人は、NHKでもときどき出てこられる、救急専門の医師である林寛之先生です。
この先生はヒジョーに親しみのある先生で、なおかつユーモアにあふれたフットワークの軽そうな先生です。
まあノリ的には予備校の先生っぽいかもしれませんが、医療の知識がないワタシでさえ、ああ、ここ大事なんだなー、覚えておこうって気になるようなやる気にさせてくれる先生です。
もちろん、救急外来専門なので本当はそんな悠長なことなど言っていられないはずなのですけど、あくまで冷静に、ポジティブに、患者さんのことを考えた接遇をされるので、ぜひとも診てほしいなーとも思います。

あんまり林先生萌えし過ぎて、林先生の医療DVD買っちゃいました。4,500円・・・・
高いんだよ、専門誌はァァァァァ!!!
もちろん、救急外来レジデントノートとやらも・・・・。同じく4,500円×3
くっ・・・金が続く限りDVDそろえてやらあ!!
まあ、門外のシロウトではありますが、楽しく拝聴&拝読しております。
おかげで、CTを撮るときは、バイタルが安定しているときじゃないとダメだって覚えましたwwww

とまあ、こんだけのことを高校生のときに少しでも考えていたら、ワタシの進路も少しは違ったのかなーと思うと少し残念のような気がしますが、数学系が大分たりないことを思い出しましたので趣味程度に拝聴することに間違いはないと思いました。

« 細すぎる神経 | トップページ | ちょっとだけ語りたい »

つれづれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93118/57645420

この記事へのトラックバック一覧です: 林先生推し:

« 細すぎる神経 | トップページ | ちょっとだけ語りたい »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

万事屋銀ちゃん

  • 坂田銀時
無料ブログはココログ